アクセサリー作り≪ネックレス編≫紐とビーズの組み方

 

 

通常の<磨きセット>で作れるネックレスを、紹介します。

紐とビーズは画像で見やすい色のものを使って紹介していきます。

 

現在販売中の≪夜光貝磨き体験セット≫に付属の紐は、スムースコットンと呼ばれる、綿を編み込み、表面にワックス(ロウ)を薄く塗ったものを使っています。

非常にしなやかで癖がつきにくく、多少の水洗いもОK。

アレルギーの心配もなく、革紐やチェーンの苦手な人も安心して使用できます。

紐の太さは1mm1.5mmがあります。

長さはいずれも90cm弱です。

 

ビーズは、メタルビーズ、木ビーズ、ガラスビーズがあります。

 

 

 

 

紐の長さを調整する結びを2タイプ紹介します

 

 

≪ビーズスライドタイプ≫

撮影用に紐は短くしてあります

長さをそろえて半分に折ります。

 


   ★Seamamからの贈り物★ 夜光貝アクセサリー 奄美の海から

折り端からビーズを通し、さらにパーツの正面から2㎝ほど通します。

通した折り端を広げて輪にします。

切り端2本ビーズを通します。

   ★Seamamからの贈り物★ 夜光貝アクセサリー 奄美の海から

2本同時に引っ張って輪っかを縮めて絞ります。

 

   ★Seamamからの贈り物★ 夜光貝アクセサリー 奄美の海から

ビーズが取れないように切り端2本を別々にかた結びをします。

調整の仕方は、紐を首に通した後ビーズを2本均等にスライドさせます。

 

 

≪結び目スライドタイプ≫

ビーズは飾り用のポイントビーズとして使います。
   ★Seamamからの贈り物★ 夜光貝アクセサリー 奄美の海から

20cmほど左右の紐を重ねます。


   ★Seamamからの贈り物★ 夜光貝アクセサリー 奄美の海から

相手の紐を巻き込みながら、軽くかた結びをします。

結び目が相手の紐の上をすべるように。

左右同じ長さになるように結んでください。

お好みの長さが決まってから、本締めしてください。

   ★Seamamからの贈り物★ 夜光貝アクセサリー 奄美の海から

長くするときは、の方向へ。

短くするときは、の方向へ、左右の結び目を均等にスライドさせてください。

 

 

 




   ★Seamamからの贈り物★ 夜光貝アクセサリー 奄美の海から

<正面穴タイプ>の塊パーツも同じ要領で。



   ★Seamamからの贈り物★ 夜光貝アクセサリー 奄美の海から    ★Seamamからの贈り物★ 夜光貝アクセサリー 奄美の海から

<横穴タイプ>は紐を通すだけや、

ビーズで絞るタイプがあります。



各種ビーズと紐と夜光貝パーツの組み合わせで、色々な表情が作れます。


自分色に仕上げてみてください。