~夜光貝ネックレスの使い方~

 

紐の長さの調整が3タイプあります

 

使い方や注意点などをタイプ別で紹介します

 

 

 

 

 

特徴 

      

 

左右の紐を、一つのビーズで束ねた物。

二本の紐を同時にスライドさせるので、長さ調節が容易。

最短から最長まで、紐の長さが自由に選べる(使える)。

余った紐で蝶々結びもできます。

ショートからロングまで。

春~夏の薄着時向き。

主に女性向き。

 

 

 

 使い方・注意点

        

 

 ビーズのスライドは、紐を二本同時に(丸印部分)抑えてから行ってください。

注意:紐を左右に引っ張らないでください。紐の劣化や、ビーズの割れの原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴

 

 左右の紐を、互いの紐を巻き込みながら結んだもの。

留め具や、ビーズ、余りの紐がないので首回りがすっきり。

ショートタイプは、お気に入りの長さが最短になるようにセットし、ダブルラインで使うのが基本。

ロングタイプや編み込み紐は、結び目が首の横から後ろ位になるように調節する。

通年通して使えるショートタイプや、上着の上からでもかけられる秋冬用のロングタイプ。

 男女兼用

 

 

 

使い方・注意点

 

 結び目をパーツに近づければ短くなり、パーツから遠ざければ長くなります。

左右均等に調節してください。

鏡を見ながらだと調節しやすいです。

 

使用状況や時間によって結び目が緩んできます

何度もスライドさせると、コブが緩み、使用中に紐がズレてくることがあります。

結び目のコブを強くつまみながら、左右に転がしてください。

コブの緩み具合を見ながら調節してください。

 

 

 

 

注意:結び目をスライドさせるときには、必ず片方ずつスライドさせてください。

左右の紐を引っ張って伸ばしきってしまうと、コブがガッチリ締まってしまい、伸ばせなくなります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴

 

 

カニカンやナスカン、フックやボタン式で取り外しをするタイプ。

紐の長さは、基本的に、一定の長さの固定タイプです。

カニカン・ナスカン等の金具は、アジャスターチェーンで多少の延長が可能。

ショートタイプやチョーカータイプでも着脱が容易。

太い紐や、曲げに弱い革紐等に。

男女兼用。

 

 

 

 

使い方・注意点

 

 

フックやボタンを繋ぐだけのシンプル接続。

 

 

 

 

 

注意:金具に開きは無いか、また、フックやボタン周りに劣化が無いか、着用前に確認してください。