夜光貝パーツ以外の材料についての説明です

 

紐・ビーズ・金具に分けて紹介します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【コットンコード】

Seamamおすすめのコットンコードです。

コットン(綿)製の、とてもしなやかな肌ざわりで、温かみのあるコードです。

コットンコードには2種類あります。

表面に薄くワックス(ロウ)を塗ったものが、『スムースコットン』

芯までワックスを染み込ませたものが、『ワックスコットン』です。

 

 

 同じダークブラウンでも、ワックスの染み込み具合で、色合いがかなり違います。

 

 コットンコードの選び方・特徴

スムースコットンワックスコットン

●さらっとしていて、とてもしなやか          

●癖がつきにくい

●多小の水洗いOK

●紐のサイズが豊富

●ベタつき無し

●ハリとコシがありながら、しなやかさもある

●水洗いOK

●摩擦に強く、強度がある

●編み込むと深い色合いになる

●汗を吸い込みにくい

●一日中着ける人

 

 

 

 

張りの強さの比較です。鉛筆に巻き付けてみました。

スムースコットンはゆっくり戻りましたが、ワックスコットンは形をキープしています。

 

 

 

【紐の規格】

   

 

 

 

【紐の色】 

 

 【スムースコットン】

メインでそろえているのが、1㎜と1.5㎜です。茶色系が中心

 

 

 

 

 【ワックスコットン】

基本の5色

ブラック・ダークブラウン・ブラウン・ライトブラウン・ナチュラルホワイト

 

 

 

ブラック以外の4色を使って、染色したものです。

手作業で染めているので、同じ色がありません。

 

 

 

 

 

 

【革紐】

牛革の丸紐・編み込み

サイズは1~3mm

奄美では管理が難しいので、在庫と種類は常に少なめです。

汗がついたり、湿度の高い場所で保管すると、カビが生えることがあります。

本牛革ですので、独特のニオイがあります。

紐の調整は、固定のみ。

 

 

 

 

【チェーン】

細めのチェーンのみです。

在庫と種類は少なめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ガラスビーズ】

  

  

  

 

アジア、中東製の手作りガラスビーズ。

 不揃いな仕上がりが、とても味わい深い。

Seamamではメインで使うビーズの一つです 。

 

 

 

 

【スワロフスキー】

 

オーストリアのクリスタル製品を扱う会社

Seamamでは主に<ヘアゴムタイプB>に使用しています。

 

 

 

 

 

 

【メタルビーズ】

 

 

    

 

 亜鉛合金に、クロムメッキや真鍮メッキを施したビーズ。

亜鉛合金は、ミニカーやおもちゃ、装飾品等に使われています。(超合金とも呼ばれています) 

シルバービーズや真鍮ビーズと比べても安価で、 耐食性も高い。

Seamamではメインで使うビーズの一つです 。

 

 

 

 

 

【ウッドビーズ】

   

   

 

Seamamではメインで使うビーズの一つです 。

主に、スライド用のビーズとして使います。

 

 

 

 

 

【ボーンビーズ】

 

飽きの来ないマットな仕上がり。

細いひもの飾りつけに。

 

 

 

 

 

 

 

【珊瑚ビーズ】

 

 Seamamオリジナル珊瑚ビーズ。

太めの紐によく合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【貝ビーズ】

 

Seamamオリジナル貝ビーズ 

 太めの紐によく合います。

 

 

 

 

 

 

【鉱石ビーズ】

 

ラピスラズリ・アゲート・クォーツなど、

高価なものではありませんが、味のある色合い。

ピアスや小粒のネックレスに。