夜光貝の紹介 


 

夜光貝とは?<分布域>


 国内では、種子島・屋久島・トカラ列島以南、奄美群島・沖縄本島周辺を中心に、八重山諸島までの温暖な海域に生息。尖閣諸島での捕獲の記録もあり。本土には生息していない。

 国外での分布は、図鑑などでインド太平洋に分布とあるが、海外で夜光貝(国産の夜光貝と同種)の情報が無いため、海外での本種の生息状況は不明。

 


 

 夜光貝とは?<生態>

 腹足目リュテンサザエ科に分類される大型の巻貝  サザエの仲間で最大種

 海藻類を主な餌とし、発達した珊瑚礁や、外洋に面した岩礁域などに広く生息する。夜行性で、暗くなると餌を探すために活発に動き回り、昼間はくぼみなどに隠れて動かない。

 生息する水深は、2~20mぐらいまで。10㎝以下の幼貝は、外敵である大型のフグ類やエイから身を守るために、潮間帯(潮が引くと干上がる場所)のくぼみや、岩のすき間で身を潜めている。成長と共に開けた場所や、深場に出てくる。

    


 

夜光貝とは?<貝の利用>

 

 

貝から取り出された“身”は、食用として市場に流通しています。料理法は、刺身や炒め物、煮物や炊き込みご飯など…。クセがなく、料理の仕方で柔らかくなるので、市場価値は高い。

 

身を取り出した後の“貝殻”は、昔から国内外で螺鈿(らでん)などの細工に利用されている。奄美大島の1400年前頃の遺跡からは、大量の夜光貝の貝殻が出土し、貝匙(かいさじ)を製作していたと考えられている。これらは、日本本土に運びこまれ、珍重されていた。

 

現在でも、螺鈿細工の材料として、また身近なアクセサリーとして利用されている。

 


 注※ 上記の内容は無断転用禁止です