南国 奄美大島から手作り夜光貝細工をお届けします   オーダーメイド・商品の詳細や別角度の写真等については、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください!

 

2010年

 

 

 

スタンディングホエールテイル

 

開業(届)したのが確かこの年。

これを機に、ショップロゴを製作した。(2010年製作)

 

夜光貝細工なのになぜかスイジガイ。

スイジガイは石垣島にいたころから一番好きな貝だった。

文字バランスはイマイチだが、デザイン的には気に入っていた。

のちに、≪OCN≫のホームページサービスの終了とともに、このロゴも終了。

 

ショップロゴ、

今のところ、

「これだ!」・・・というのはできていません 。

 

「納得のいくものができるまでは出せない」

とても不便な性格のため、未だロゴは完成せず。

 

ロゴが無いので、パンフレットも名刺も何にもない。

最近は、「そういうのはもういらないかな」って思っている。

そんなことより、

いかに適正価格でいい物を作ることを考えるのが先かな。

(ロゴ製作を放棄するのには、ちょうどいい言い訳だ。)

 

 2009年はわずかなイメージを頼りに作っていたので、

2010年は、物の形を勉強し、デザイン画も書き、

少しずつですが、アクセサリーパーツ向きになってきました。

 

 

2009年は、イルカ・クジラ・モンステラが特にひどかったので、

写真で勉強、デッサン画を何度も書いて頭にインプット。

 

 この年も相変わらず、道具はグラインダーと棒ヤスリだけ。

 

イメージが正確に、

より精密になるにつれ、

ここから『棒ヤスリ地獄』が始まる。

 

2009年イルカ

のっぺりとしたフォルムが、

2010年イルカ

輪郭はいい感じになってきました。

 

時間はかかるけど、棒ヤスリ一本でもここまでできた。

 

この時期は、

『実用性』という部分を全然考えていなかった。

 

ここでいう実用性とは、

強度と、デザインによる使用時の不具合のこと。

強度は壊れるかどうか。

使用時の不具合は、服や髪に引っかかるとか、角張ってチクチク痛いとかそういうの。

 

 

後は、立体感と使いやすさ、アクセサリーとしての価値観。

 

当時世間で、「高価でも いいよ」・・・と思われていた『ハンドメイドアクセサリー』は、

ハワイ・ポリネシア・ニュージーランドのボーンや翡翠のアクセサリーと、ヨーロッパのカメオだけ。

 

このころの夜光貝アクセサリーの認識は低くまだまだ世間的には『貝雑貨』だった。

とにかく、早く『ハンドメイド雑貨』というくくりから抜け出して、

どうすれば、『ジュエリー』『アクセサリー』という位置づけまで行けるのかで必死だった。

「真珠と同じ成分なのに」・・・なんて思ってた。

 

 

2009年テイル

カブトムシのツノのようなドルフィンテイルが、

2010年テイル(リメイク)

上のパーツと同じものです。

磨き直しついでに、削り直してしまいました。

今見てもいい感じ。

 

特大ホエールテイル

尾びれの付け根に厚みを持たすことを常に意識してました。

 

 

 

 

2009年モンステラ

間違ってはいないが、ちょっと気持ち悪い。

2010年モンステラ

素材はマベ貝

あともう少しのような気もするが、やりすぎてもいけない。

溝の加工は加減が難しい。 

モンステラデザインは、今もこのシルエットで止まっている。

 

 

2010年フラワー

強度を考えてパーツに厚みを持たした。

デザイン的にはまだまだ。

 

2009年カメさん

ひとつのパーツで表現することはとても難しい。

と言うよりも、甲羅のこと(色模様や厚み)を考えると、使える材料やパーツサイズが限定されてしまい、作っていてまったく面白くない。

2010年カメさん

棒ヤスリで製作

ボディーと甲羅

二つのパーツを組み合わせることで、デザイン・サイズの幅が一気に広がり、よりウミガメらしくなった。

ただ、デザイン的にはまだあまい。

 

 

このカメさん

毎年磨き直しと紐交換を繰り返し、今も大事に使っていただいています。

 

 

細かいデザインは割れやすいため、強度を考えてパーツに厚みを持たした。

デザイン的にはまだまだ。

モンステラもカメさんもフラワーも、棒ヤスリだけで削っていたので、とんでもなく時間が掛かり、とても大変だった。

 

 

 

両面フラット(キンチャクダイをイメージ)

まだまだ棒ヤスリ。

 

これを見た人に、

「くりぬいた部分も使えるから、一石二鳥だね」

と、言われたらしい。?

そんな訳ない。

ポンっと抜けたらどんなに楽か。

 

 

 

立体クジラ

 

立体イルカ

 この辺のデザインになってくると

まさに『棒ヤスリ地獄』

「作りたい」が先行しすぎて、毎回泣きを見る羽目に。

今思い出しても、ゾッとするほど時間がかかっていた。

 

 

オーダーかんざし

 

オーダー ブレスレットパーツ

棒ヤス…リ……

もう嫌だ

 

『ルーターさえあれば……』

 

上の二つの作業で、

棒ヤスリの、そして人力の限界を確信した。

(ルーターとはマイクログラインダーのこと)

 

 

 

フルムーンピアス

わざわざ、ダイヤモンドホルソーで抜いていた。

 

 

塊パーツ

夜光玉 勾玉 しずく

夜光玉は、まだ手の感覚だけで丸くしていた。

 

 

 

夜光貝スプーン(ルアー)

いろんな魚が釣れた。

・・・・が、当然金属やプラスチックの方が使いやすい。

手間を考えると、貝である必要は無いかな。

 

 

 

漁協直販店<海力>に出品

両隣りは

モズクとかつお節

 

回転式四面ボードはまだこの大きさ。

今は、増設を繰り返し、まるでビルのよう。

 

 

 

 

委託販売用第一弾

ストラップ大

 

 

第二弾

バレッタ

 

 

 

第三弾

夜光貝ネックレス

シンプルだけど、オリジナルサンゴビーズとウッドビーズがよく合っている。

 

 

オーダーメイド品

 

 

ブレスレット

 

 

 

このホエールテイルは最高にカッコイイ。

 

ピアス用♪パーツ

もちろん 棒ヤスリ

 

 

 

 

渦巻き模様の<渦潮>パーツ

デザイン名は友達が考えた。

…ちょっとダサいか

 

当時、自分では面白いデザインができたと思ったけど、

模様が奇抜すぎたためか、あまり受けが良くなかった。

最近ではいろんな人が作ってる。

 

 

 

この年は、デザインの重要性をひしひしと感じた。 

何をどう作るかを考えながら、作業するようになってきたので、 

だいぶ見れるデザインになってきた。

 

ただ、

 

アクセサリーとしての使い方、 

素材の何たるかがまだ分かっていない為、

失敗もかなり多かった。

棒ヤスリの作業が本気で嫌になってきた。

 

 

 

屋外工房(野良工房)

粉や騒音で迷惑になるので、移動しながら人気のない所で削る。

が、

やはり人が集まってくる。 

隣に見に来ているのは、レジェンド漁師。 

 

たぶん日本一じゃないかな~ 

よくテレビなんかで、 

『凄腕の』とかって人いるけど、比べものにならない位ずば抜けてたな~。 

何がすごいって、

感覚と身体能力がすごすぎた。

 

今、

この時代の年方は、

みんないなくなってしまったけど、

 僅かだったけど、

同じ時間を過ごすことが出来て、

本当に良かったと思う。 

経験談や昔の話、 

今思えば、自分にとって、

すべてが財産かな。 

 

今頃、 

みんな雲の上でわいわい酒でも飲んでるんだろうな~
 

 

 

 

 

 

 

 


 

次回に続く

≪手作り品について≫
●完成品のキズチェックはしていますが、わずかな傷が残ってしまう可能性があります。
商品到着直後、気になるキズを見つけた場合、無料で<磨き直し>を対応したいと思います。その場合の片道分の送料は、お客様のご負担となります。

●厳選した質の良い材料を使用していますが、天然素材のため、自然にできたくすみやヒビ、極わずかな虫喰い穴が残る可能性があります。
この場合、<磨き直し>では対応できませんので、 ご理解の上でご購入下さるようよろしくお願いします。

●注文メールの確認が、遅れてしまうことがあるかもしれませんが 、ご了承ください。